The Document FoundationよりLibreOffice 6.3.2リリースのお知らせ

2019年9月26日、ベルリン – The Document FoundationよりLibreOffice 6.3.2をお知らせします。これはLibreOffice 6.3系の2番目のマイナーリリースであり、多くの不具合や回帰バグが修正されています。LibreOffice 6.3.2「最新版」は技術に情熱を燃やす方や、熟練したユーザー向けです。該当する方については現行のバージョンから更新することをお奨めします。

世界中にいるボランティアがLibreOfficeを利用する個人ユーザーを手助けしてくれます: https://ja.libreoffice.org/get-help/community-support/ Webサイトおよびwikiにガイドやマニュアル、チュートリアル、ハウツーがあります。寄付のおかげでこれらの全ての資料が利用可能になっています。

LibreOffice 6.3.2の変更履歴はTDFのwikiでご覧いただけます: https://wiki.documentfoundation.org/Releases/6.3.2/RC1 (RC1で修正)、https://wiki.documentfoundation.org/Releases/6.3.2/RC2 (RC2で修正)。

ビジネスにおけるLibreOfficde

企業クラスの配備には、LibreOfficeエコシステムのパートナーからLibreOfficeを導入することをTDFは強くお奨めします。長期サポート版リリースや、専用の支援、必要に応じた新機能やバグ修正、その他のメリットがあります。さらに、エコシステムパートナーによってなされた活動はLibreOfficeに還元され、万人の利益となります。

また、移行やトレーニングのサポートは、付加価値サービスを提供する認定された専門家から受けるべきです。彼らはコミュニティから企業の世界へ広がり、CIOやITマネージャにプロプライエタリな提案に沿ったソリューションを提供します。

それどころか、成熟したコードベース、豊富な機能、オープンな標準のしっかりとしたサポート、優れた互換性、認定パートナーによる長期サポートオプションといった特長により、データのコントロールを取り戻しベンダーロックインから自由であろうとするビジネスにとって、LibreOfficeは理想的なソリューションとなっています。

新しいバージョンのLibreOfficeの利用

LibreOffice 6.3.2は以下のリンクから今すぐダウンロードしてご利用いただけます: https://ja.libreoffice.org/download/ プロプライエタリのOSでの必須要件はダウンロードのページに書かれています。最新のLibreOffice OnlineのソースコードをビルドしたものはDockerイメージとして入手できます: https://hub.docker.com/r/libreoffice/online/

LibreOffice Onlineは基本的にサーバーサービスであり、クラウドストレージとSSL証明書とともにインストールされ構成されるべきものです。ISPが提供するクラウドサービスや、企業および大規模組織でのプライベートクラウドのための要素技術とお考えください。

LibreOfficeのユーザーおよびフリーソフトウェアに賛同する方、コミュニティのメンバーは、寄付することによってThe Document Foundationを支援できます: https://www.libreoffice.org/donate

LibreOfficeのどのバージョンもDocument Liberationプロジェクト https://www.documentliberation.org による文書変換ライブラリの上に構築されています。

この記事は下記ブログ記事からのLibreOffice日本語チームによる翻訳です:
https://blog.documentfoundation.org/blog/2019/09/26/tdf-announces-lo-6-3-2/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *