ヒント Archive

macOS Big SurでOpenOfficeがクラッシュしますか?LibreOfficeをお試しください

一部のApache OpenOfficeユーザーから、Apple macOS 11.0(Big Surまたは10.16)で .docxや .xlsxのようなOOXML文書ファイルを開くと、OpenOfficeがクラッシュするとの報告が上がっています。エラーメッセージは以下です。

OpenOfficeが予期しない理由で終了しました

クラッシュする様子が動画で紹介されています(WebM版はこちら)。

 

これは、報告されていますが未解決の問題です。しかし、一つの解決策としては、より積極的に開発されており後継プロジェクトであるLibreOfficeをインストールすることです。(OpenOffice最後のメジャーリリースの4.1は、2014年まで遡ります)

LibreOfficeは、最新のOS対応をはじめ、OOXMLエクスポートやNotebookBarユーザーインターフェイスの追加、クラウド版など多くの機能を備えています。こちらの年表ではメジャーリリースを紹介しています。

Read More

「新しいバージョンのOpenOfficeで作成されました」という文書は、どうしたらいいのでしょうか

Apache OpenOfficeを使っていますか?最近、.odtや.ods、.odpファイルを開こうとして、このようなエラーメッセージが表示されたことがありますか?
このドキュメントは、新しいバージョンのOpenOfficeで作成されました。このドキュメントには、現在のバージョンでサポートされていない機能が含まれている可能性があります。

LibreOfficeヒントの火曜日: 1画面でImpressのプレゼンターコンソールを使う

LibreOffice Impressは多くの機能を備えた価値あるプレゼンテーションソフトです。熟練した講演者に好評な機能は、画面上に現在のスライドと次のスライド、メモが表示できる「プレゼンターコンソール」です。この機能は講演者がおこなうプレゼンテーションのリズムを保ち、話の内容を思い出すことに役立ちます。…

ChromebookにLibreOfficeをインストールしてみました

この記事は、LibreOffice Advent Calendar 2019の5日目の記事です。

こんにちは。nogajunです。LibreOfficeFRが「ChromebookでLibreOfficeを動かした」事をツイートしていました。それを見て、ChromebookでLibreOfficeが使えるか試してみたい思っていたところ筆者の職場でChromebookを貸していただける事になったので検証してみました。

2021年6月16日追記

この記事は、たくさんの方に参照されていますが今では少し古くなっています。こちらに簡単に日本語環境とLibreOfficeをインストールするスクリプトを用意しましたのでご利用ください。