Microsoftの独自なファイル形式との相互運用性に焦点をあてたコードの改善が多くなされ、さらにOfficeから乗り換えるユーザを対象とした豊富な新機能が搭載されました。これらによって、LibreOfficeへの移行がより簡単になりました

2022年2月2日ベルリン – デスクトップ生産性向上のための自由なオープンソース・オフィスソフトのボランティアサポート版「LibreOffice 7.3 Community」がダウンロード可能になりました。
https://ja.libreoffice.org/download

デスクトップ、モバイル、クラウドでの個人の生産性を高めるLibreOffice Technologyプラットフォームをベースに作られ、Microsoft OfficeからLibreOfficeに移行したり、2つのオフィススイート間でドキュメントをやり取りするユーザーを対象に、多くの改善を提供します。

相互運用性の改善には、次の3つがあります。

  • 新機能の開発。例えば「変更の追跡」機能が表の中やテキスト移動の際にもより便利に機能するようになりました。これによりMicrosoft Officeドキュメントとの相互運用性も向上します
  • フォーマンスの向上。巨大なDOCXおよびXLSX / XLSMファイルを開く時の処理速度、一部の複雑なドキュメントのレンダリング速度、LibreOffice7.1で導入されたSkiaバックエンドを使用する際のレンダリング速度などが向上しました
  • インポート/エクスポートフィルターの改善。DOCでは大幅に改善された番号付けリストのインポート。DOCXでは大幅に改善された番号付けリストのインポート、図形に添付されたハイパーリンクがインポート/エクスポートできるように、編集許可処理の修正、段落スタイルの変更の追跡。XLSXでは行の高さの低減、保存毎にセルインデントが増える現象の解消、編集許可処理の修正、XLSXグラフのサポート向上。PPTXでは画像に対するオブジェクトの動作設定とハイパーリンクを修正、フッターのインポート/エクスポートの不具合修正、画像と図形のハイパーリンクを修正、テーブルの影の透明度を修正