LibreOffice7.1.4Communityがダウンロード可能になりました


2021年6月10日ベルリン-LibreOffice7.1系の4番目のマイナー・リリースであり、テクノロジー・ファンとパワー・ユーザーを対象とする、LibreOffice 7.1.4 Communityがダウンロード可能となりました。https://ja.libreoffice.org/download/download/ LibreOffice7.1.4には約80のバグ修正が含まれており、このうち20%はMicrosoft Officeファイル互換性(DOCX、XLSX、PPTX、およびレガシーDOC)にフォーカスしています。

企業などで導入する場合、TDFは、協力企業によって長期サポート・オプション、専門的なサポート、カスタム機能、サービス・レベル・アグリーメントなどが提供される、LibreOfficeエンタープライズファミリーを強くお勧めします。(https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/
LibreOffice CommunityとLibreOffice Enterpriseファミリーの製品は、LibreOffice Technology platformをベースにしています。これは、デスクトップに始まりモバイルやクラウドにも対応した最先端のオフィスソフトを提供するために、長年にわたって継続されてきた精力的な開発の成果です。

LibreOffice Technologyをベースとした製品は、主要デスクトップOS(Windows,macOS,Linux,ChromeOS)、モバイルプラットフォーム(Android,iOS)やクラウドで利用できます。各社のブランドによって名前が異なる場合もありますが、LibreOffice独自の利点、堅牢性、柔軟性を共有しています。

LibreOfficeへの移行
The Document Foundationは、プロプライエタリなオフィススイートからLibreOfficeに移行する企業をサポートするための移行プロトコルを開発しました。これは、LibreOffice Enterpriseファミリの長期サポートバージョンを導入することに加え、プロプライエタリ製品に沿った付加価値の高いソリューションをCIOおよびITマネージャに提供する認定プロフェッショナルから、移行に関するコンサルティングとトレーニングを受られるものです。参照:https://ja.libreoffice.org/get-help/professional-support/

LibreOffice7.1.4Communityの可用性について
LibreOffice7.1.4Communityは、開くのソースオフィススイートの最先端の機能を提供しています。個人の生産性向上を目的としており、新規の機能よりも詳細のテストとバグ修正が行われた安定したリリースが必要な方のために、The Document FoundationはLibreOffice7.0.6を提供しています。

LibreOffice7.1.4の変更ログはTDFのwikiで入手できます。:https://wiki.documentfoundation.org/Releases/7.1.4/RC1(RC1での変更点)とhttps://wiki.documentfoundation.org/Releases/7.1.4/RC2(RC2での変更点)。
LibreOffice TechnologyをベースとしたAndroidとiOS向け製品はこちらをご覧ください: https://www.libreoffice.org/download/android-and-ios/ App StoreとChromeOS向け製品はこちらをご覧ください: https://www.libreoffice.org/download/libreoffice-from-microsoft-and-mac-app-stores/

LibreOfficeの個々のユーザーは、https://ja.libreoffice.org/get-help/community-support/のようなグローバルなボランティア・コミュニティによって支援されています。ウェブサイトとウィキには、ガイド、マニュアル、チュートリアル、そしてHowToがあります。寄せられた寄付は、これらすべてのリソースを利用可能とする為に役立てられています。

LibreOfficeユーザーは、https://ask.libreoffice.org/ja/questions/ においてコミュニティに参加してください。そこでは、ユーザー同士によるサポートを提供しています。また、時間と専門的なスキルによってプロジェクトに貢献したい人は、専用ウェブサイト https://whatcanidoforlibreoffice.org を参考してください。

LibreOfficeユーザー、フリーソフトウェア支持者およびコミュニティメンバーの皆さんは、クレジットカード、またはのその他のツールを通じてThe Document Foundation に寄付を行うことができます。 https://ja.libreoffice.org/donate/

LibreOffice7.1.4は、文書Document Liberation Project(https://www.documentliberation.org/ja/)による文書変換ライブラリを使用して構築しています。(https://www.documentliberation.org/ja/)https://www.documentliberation.org/ja/)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

I accept the Privacy Policy