2021年10月14日 ベルリン ― テクノロジーファンやパワーユーザに向けたLibreOffice 7.2ファミリー2回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 7.2.2 Communityがダウンロードできるようになりました。
https://ja.libreoffice.org/download/
このバージョンには、68件のバグ修正と文書互換性の改善が含まれています。

また、Apple Silicon向けのLibreOffice 7.2.1 Communityは、以下のリンクからご利用可能です。
https://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/7.2.2/mac/aarch64/

TDFは、企業・団体への導入について、エコシステムパートナーが提供するLibreOffice Enterpriseファミリーの導入を強く推奨します。これには、長期サポートリリース(LTS)、専門家による支援、個別のニーズにあわせた開発、サービスレベル契約(SLA)が含まれます。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice CommunityおよびLibreOffice Enterpriseファミリーの製品は、LibreOffice Technologyプラットフォームに基づいています。これは、デスクトップだけでなく、モバイルやクラウドにも最先端のオフィススィートを提供することを目的とした長年の開発成果です。

LibreOffice 7.2.2 Communityの利用

LibreOffice 7.2.2 Communityは、最先端の機能を持つオープンソースオフィスソフトです。個人利用が主目的で、新機能よりも多くのテストとバグ修正が行われたリリースを好むユーザーのために、The