プレスリリース Archive

生産性向上のためのLibreOffice 7.6.7がリリースされました

2024年5月10日ベルリン – LibreOffice 7.6系の最後のマイナーリリースであるLibreOffice 7.6.7 CommunityがWindows、macOS、Linux向けにリリースされ、ダウンロード可能になりました。
https://ja.libreoffice.org/download

これは、個人や中小企業、その他の組織が生産性向上で利用するために、最も徹底的にテストされたオフィススイートのバージョンです。この新しいマイナーリリースでは、変更履歴で確認できる不具合とリグレッションが修正されています[1]。

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、エコシステムパートナーが提供する特別な付加価値を多数含んだ、LibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド向け)の導入を強く推奨します。これらには、多くの特典が含まれ、他にもサービスレベル契約(SLA)などのメリットがあります。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice 7.6.7 Communityは以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/

最小要件は、Microsoft Windows 7 SP1とApple macOS 10.14です。LibreOffice TechnologyをベースとしたAndroidとiOS向けの製品についてはこちらをご覧ください。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-for-android-and-ios/

The Document Foundationは、ユーザー向けの技術サポートは提供していませんが、メーリングリストや質問掲示板のAsk LibreOfficeに質問を投稿して、他のユーザーからのサポートを受けられます。
https://ask.libreoffice.org/c/japanese/16

LibreOfficeユーザー、自由ソフトウエアを支持する方、コミュニティメンバーは、寄付を通じてThe Document Foundationを金銭面からサポートできます。
https://ja.libreoffice.org/donate

[1]

LibreOffice 24.2.3 Communityリリースのお知らせ

2024年5月2日ベルリン – 個人の生産性向上のための自由なオフィスソフトのボランティアサポート版、3番目のマイナーリリースであるLibreOffice 24.2.3 Communityが、Windows、MacOS、およびLinux向けに利用可能となりました。
https://ja.libreoffice.org/download

このリリースには、ソフトウェアの安定性と堅牢性を向上させるために、LibreOffice 24.2.2 [1] に対して約80件のバグとリグレッションの修正が含まれています。LibreOffice 24.2.3 Communityは、最高の機能とMicrosoft Officeの独自のファイル形式との相互運用性を提供するオフィススイートの最新バージョンです。

LibreOfficeは、市場の主要製品に匹敵する機能を備えた唯一のオープンソースのオフィスソフトです。また、伝統的なものから現代的なものまで、さまざまなユーザーの習慣に合った幅広いインターフェース・オプションを提供し、デスクトップ上の利用可能なスペースを最適化することで、さまざまな画面の機種仕様(フォーム・ファクター)を最大限に活用し、1~2クリックで最大限の機能を利用できるようにしています。

LibreOfficeの他のオフィススイートに対する主な利点は、デスクトップ、クラウド、モバイルなどのすべての環境に対応する「単一の」ソフトウェアプラットフォームであるLibreOffice Technologyエンジンです。これにより、LibreOfficeはより優れたユーザー体験を提供し、互換性や回復力、デジタル主権を重視するユーザー向けのオープンなドキュメント形式(ODT、ODS、ODP) と、Microsoft独自のOOXML (DOCX、XLSX、PPTX) の両方のISO標準に基づいて、同一かつ相互運用可能なドキュメントを作成することができます。

LibreOffice 24.2メジャーリリースラインの新機能の詳細な説明は、リリースノート[2]でご覧いただけます。

企業向けLibreOffice

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、エコシステムパートナーが提供する特別な付加価値を多数含んだ、LibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド向け)の導入を強く推奨します。これらには、多くの特典が含まれ、他にもサービスレベル契約(SLA)などのメリットがあります。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

エコシステム企業が顧客のために開発したすべてのプログラムはマスターリポジトリでコミュニティと共有され、LibreOffice Technologyプラットフォームの改善に貢献します。

LibreOffice 24.2.3 Communityの利用について

LibreOffice 24.2.3 Communityは以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/商用OSの最小要件は、Microsoft Windows 7 SP1とApple macOS

LibreOffice 24.2.2 CommunityとLibreOffice 7.6.6 Communityの同時リリース

2024年3月28日 ベルリン ― The Document Foundationは、LibreOffice 24.2.2 Community [1] と LibreOffice 7.6.6 Community [2]をリリースしました。これらのマイナーリリースでは、個人の生産性向上のために品質と相互運用性を改善するため、バグやリグレッションを修正しています。

両バージョン共に、以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download

すべてのLibreOfficeユーザーは、改善点を活用するために、現在のバージョンをできるだけ早く更新することをお勧めします。商用OSの最小要件は、Microsoft Windows 7

LibreOffice 24.2.1 Communityリリースのお知らせ

2024年2月29日ベルリン – 個人の生産性向上のための自由なオフィスソフトのボランティアサポート版、最初マイナーリリースであるLibreOffice 24.2.1 Communityが、Windows、MacOS、およびLinux向けに利用可能となりました。
https://ja.libreoffice.org/download

このリリースには、ソフトウェアの安定性と堅牢性を向上させるために、LibreOffice 24.2 [1] に対して100以上のバグとリグレッションの修正が含まれています。LibreOffice 24.2.1 Communityは、最高の機能とMicrosoft Officeの独自のファイル形式との相互運用性を提供するオフィススイートの最新バージョンです。

LibreOfficeは、市場の主要製品に匹敵する機能を備えた唯一のオープンソースのオフィスソフトです。また、伝統的なものから現代的なものまで、さまざまなユーザーの習慣に合った幅広いインターフェース・オプションを提供し、デスクトップ上の利用可能なスペースを最適化することで、さまざまな画面の機種仕様(フォーム・ファクター)を最大限に活用し、1~2クリックで最大限の機能を利用できるようにしています。

LibreOffice 24.2.1 Communityのハイライト

LibreOfficeの他のオフィススイートに対する主な利点は、デスクトップ、クラウド、モバイルなどのすべての環境に対応する「単一の」ソフトウェアプラットフォームであるLibreOffice Technologyエンジンです。この基礎構造により、LibreOfficeはより優れたユーザー体験を提供し、互換性や回復力、デジタル主権を重視するユーザー向けのオープンなドキュメント形式(ODT、ODS、ODP) と、独占的なMicrosoft OOXML (DOCX、XLSX、PPTX) の両方のISO標準に基づいて、同一かつ相互運用可能なドキュメントを作成することができます。

LibreOffice

生産性向上のためのLibreOffice 7.6.5がリリースされました


2024年2月22日ベルリン – LibreOffice 7.6.5 CommunityがWindows、macOS、Linux向けにリリースされ、ダウンロード可能になりました[1]
https://ja.libreoffice.org/download

これは、個人や中小企業、その他の組織が生産性向上で利用するために、最も徹底的にテストされたオフィススイートのバージョンです。

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、エコシステムパートナーが提供する特別な付加価値を多数含んだ、LibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド向け)の導入を強く推奨します。これらには、多くの特典が含まれ、他にもサービスレベル契約(SLA)などのメリットがあります。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice 7.6.5 Communityは以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/

最小要件は、Microsoft Windows 7 SP1とApple macOS 10.14です。LibreOffice TechnologyをベースとしたAndroidとiOS向けの製品についてはこちらをご覧ください。

LibreOffice 24.2 CommunityがすべてのOS向けにダウンロード可能になりました

2024年1月31日ベルリン – 自由なオフィスソフトのボランティアサポート版「LibreOffice 24.2 Community」が新しくメジャーリリースされました。カレンダーに基づくリリース番号体系(年.月)に基づく最初のリリースです。Windows版 (Intel、AMDおよびArmプロセッサ)、macOS版 (AppleおよびIntelプロセッサ)、Linux版は、以下より入手することができます。
https://ja.libreoffice.org/download/
新しい番号体系は、ユーザーがインストールしたLibreOfficeを最新の状態に保つのに役立ちます。

LibreOfficeは、市場の主要製品に匹敵する機能を備えた個人の生産性向上のための唯一のオープンソースのオフィスソフトです。また、伝統的なものから現代的なものまで、さまざまなユーザーの習慣に合った幅広いインターフェースのオプションを提供し、多種多様な機種仕様(フォームファクター)での画面配置において利用可能なスペースを最適化し、1~2回のクリックで最大限の機能を利用できるようにしています。

LibreOfficeの他のオフィススイートに対する最大の利点は、デスクトップ、クラウド、モバイルのすべての環境に対応する「単一の」ソフトウェアプラットフォームであるLibreOffice Technologyエンジンです。この基礎構造により、LibreOfficeはより優れたユーザー体験を提供し、最も重要な点として、互換性、回復力、デジタル主権を重視するユーザー向けのオープンなODF (ODT、ODS、ODP) と、独占的なMicrosoft OOXML (DOCX、XLSX、PPTX) の2つの利用可能なISO標準に基づいて、同一かつ完全に相互運用可能なドキュメントを作成することができます。

LibreOffice 24.2 Communityのハイライト

全般

  • 自動回復情報の保存はデフォルトで有効になり、常にバックアップコピーを作成するようになりました。これにより、LibreOfficeの設定に不慣れな初めてのユーザーがコンテンツを失う危険性を減らすことができます。
  • ノートブックバーの様々なオプションを修正し、多くのメニューの改善、印刷プレビューのサポートの改善、カスタマイズされたレイアウトの適切な再配置、ラジオボタンの使用の強化を行いました。これにより、Microsoft OfficeのUIに慣れ親しんでいるユーザーの体験が向上しました。
  • 特殊文字を挿入するドロップダウンリストで、選択された文字の説明が表示されるようになりました(カーソルを置くとツールチップにも表示されます)。

Writer

  • リーガル書式の順序リスト:

LibreOffice 7.6.4およびLibreOffice 7.5.9がダウンロード可能になりました

2023年12月7日 ベルリン ― LibreOffice 7.6.4 CommunityおよびLibreOffice 7.5.9 Communityがリリースされ、Windows版(Intel/AMD/ARMプロセッサ)、macOS版(Apple SiliconおよびIntelプロセッサ)、Linux版がダウンロード可能になりました。
https://ja.libreoffice.org/download

LibreOffice 7.6.4 Communityは、統合オフィスソフトの最も進んだバージョンで、生産性機能やMicrosoft Office独自のファイル形式との相互運用性において最高のものを提供します。

LibreOffice 7.5.9 Communityは、企業向け環境の生産性向上アプリケーション向けに最も徹底的にテストされたバージョンですが、現在そのサポートは終了しています。ユーザーは本番環境でも十分にテストされたLibreOffice 7.6.4 Communityへのアップグレードを計画するよう推奨されています。

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、エコシステムパートナーが提供する特別な付加価値を多数含んだ、LibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド向け)の導入を強く推奨します。これらには、多くの特典が含まれ、他にもサービスレベル契約(SLA)などのメリットがあります。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice 7.6.4およびLibreOffice 7.5.9の利用について

LibreOffice 7.6.4 CommunityとLibreOffice 7.5.9 Communityは以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/
最小要件は、Microsoft

LibreOffice 7.6.3 CommunityリリースおよびAndroid用LibreOffice ViewerアプリのGoogle Playストアでの提供を発表

LibreOffice Viewer2023年11月23日 ベルリン ― デスクトップ生産性向上のための自由なオフィスソフトのボランティアサポート版「LibreOffice 7.6」の3番目のマイナーリリース「LibreOffice 7.6.3 Community」がリリースされ、Windows版(Intel/AMDおよびArmプロセッサ)、macOS版(Apple SiliconおよびIntelプロセッサ)、Linux版がダウンロード可能になりました。
https://ja.libreoffice.org/download

同時に、アンドロイド版LibreOffice Viewerアプリも近日中に再びGoogle Playストアで公開されます。標準のOpen Document Formatと、Microsoft Office独自のファイル形式の文書を表示することができます。

LibreOfficeは、マーケットリーダーと機能ごとに比較することができる、個人の生産性向上のための唯一のオープンソースのオフィススイートです。LibreOfficeは、オフィスソフトの世界で最高レベルの互換性を提供しています。セキュリティや堅牢性の面で独自ファイル形式よりも優れたオープンドキュメント形式(ODF)のネイティブでのサポートから、Microsoft Officeファイルの優れたサポート、多数の古いドキュメント形式を利用するためのフィルターなどにより、ファイルの所有権とコントロールをユーザーに取り戻します。

デスクトップ、モバイル、クラウドでの個人の生産性を高めるLibreOffice Technologyプラットフォームの高度な機能に基づいて作られたLibreOfficeは、Microsoft Officeとドキュメントを共有するユーザーやMicrosoft Officeから移行するユーザーを対象に、多くの改善と新機能を提供し、ベンダーの商業戦略からのデジタル独立性を確保します。これらのユーザーは、定期的にLibreOfficeの新しいリリースを確認されることをお勧めします。LibreOfficeの進歩は非常に速く、新しいバージョンは以前のバージョンよりも大幅に改善しているからです。

企業向けLibreOffice

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、エコシステムパートナーが提供する特別な付加価値を多数含んだ、LibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド向け)の導入を強く推奨します。これらには、多くの特典が含まれ、他にもサービスレベル契約(SLA)などのメリットがあります。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

エコシステム企業が顧客のために開発したすべてのプログラムはマスターリポジトリでコミュニティと共有され、LibreOffice Technologyプラットフォームを改善します。

The Document Founrationは、企業が独占的なオフィスソフトからLibreOfficeへ移行することをサポートするための移行プロトコルを開発しました。このプロトコルは、エンタープライズ向けに最適化されたLibreOfficeの導入に加えて、認定専門家により提供される移行コンサルティングとトレーニンを前提としています。

LibreOffice 7.5.8 Communityがダウンロード可能になりました

2023年11月2日 ベルリン ― デスクトップ生産性向上のための自由なオフィスソフトのボランティアサポート版「LibreOffice 7.5」の最後のマイナーリリース「LibreOffice 7.5.8 Community」がリリースされ、Windows版(Intel/AMDおよびARMプロセッサ)、macOS版(Apple SiliconおよびIntelプロセッサ)、Linux版がダウンロード可能になりました。
https://ja.libreoffice.org/download

このリリースで、LibreOffice 7.5系はサポート終了になるため、ユーザーは次のマイナーアップデートであるLibreOffice 7.6.3が11月中旬にリリースされ次第、LibreOffice 7.6へのアップデートを計画する必要があります。その時点で、LibreOffice 7.6は十分にテストされており、本番環境での利用に十分な準備が整っているでしょう。

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、エコシステムパートナーが提供する特別な付加価値を多数含んだ、LibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド向け)の導入を強く推奨します。これらには、多くの特典が含まれ、他にもサービスレベル契約(SLA)などのメリットがあります。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice 7.5.8 Communityの利用について

LibreOffice 7.5.8 Communityは以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/

商用OSの最小要件は、Microsoft Windows 7 SP1とApple macOS 10.14です。LibreOffice TechnologyをベースとしたAndroidとiOS向けの製品についてはこちらをご覧ください。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-for-android-and-ios/

The Document Foundationは、ユーザー向けの技術サポートは提供していませんが、メーリングリストや質問掲示板のAsk LibreOfficeに質問を投稿して、他のユーザーからのサポートを受けられます。
https://ask.libreoffice.org/c/japanese/16

LibreOfficeユーザー、自由ソフトウエアを支持する方、コミュニティメンバーは、寄付を通じてThe Document Foundationを金銭面からサポートできます。…

重要なセキュリティ修正リリース:LibreOffice 7.6.2 Community および LibreOffice 7.5.7 Community

2023年9月26日 ベルリン ― The Document Foundationは、CVE2023-4863として知られるセキュリティ問題に対処するため「LibreOffice 7.6.2 Community」および「LibreOffice 7.5.7 Community」を予定より早くリリースします。この問題は、Googleが10年以上前に当時新しいWebP画像形式をレンダリングするために開発した「libwebp」として知られ広く使用されているコードライブラリに起因しています[1]。

この2つのバージョンでは、CVEの修正に加えて他のバグやリグレッションも修正しており、以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/ [2]

すべてのLibreOfficeユーザーは、現在のバージョンをできるだけ早くアップデートされることをお勧めします。

商用OSの最小要件は、Microsoft Windows 7 SP1とApple