2022年1月6日 ベルリン ― The Document Foundationは、LibreOffice 7.2ファミリー5回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 7.2.5 Communityを発表しました。ダウンロードページから入手できます。
https://ja.libreoffice.org/download/

このバージョンには、90件のバグ修正と文書互換性の改善が含まれています。変更履歴には、修正の詳細が記載されています。「RC1での変更」と「RC2での変更

TDFは、企業・団体への導入について、エコシステムパートナーが提供するLibreOffice Enterpriseファミリーの導入を強く推奨します。これには、長期サポートリリース(LTS)、専門家による支援、個別のニーズにあわせた開発、サービスレベル契約(SLA)が含まれます。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business//

LibreOffice CommunityおよびLibreOffice Enterpriseファミリーの製品は、LibreOffice Technologyプラットフォームに基づいています。これは、デスクトップだけでなく、モバイルやクラウドにも最先端のオフィススィートを提供することを目的とした長年の開発成果です。

LibreOffice TechnologyベースのAndroidおよびiOS製品はこのページを、アプリストアおよびChromeOSはこちらをご覧ください。

助けを得る、私たちを支援する

LibreOfficeの個人ユーザーは、コミュニティによるサポートページを通じ、ボランティアのグローバルコミュニティよって支援されています。このウェブサイトやWikiには、ガイドやマニュアル、チュートリアル、HowToがあります。寄付は、これらリソースの維持に活用されています。

LibreOfficeユーザーは、ユーザー同士の相互支援によるサポート掲示板「Ask