アナウンス Archive

The Document FoundationよりLibreOffice 7.2.2 Communityリリースのお知らせ

2021年10月14日 ベルリン ― テクノロジーファンやパワーユーザに向けたLibreOffice 7.2ファミリー2回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 7.2.2 Communityがダウンロードできるようになりました。
https://ja.libreoffice.org/download/
このバージョンには、68件のバグ修正と文書互換性の改善が含まれています。

また、Apple Silicon向けのLibreOffice 7.2.1 Communityは、以下のリンクからご利用可能です。
https://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/7.2.2/mac/aarch64/

TDFは、企業・団体への導入について、エコシステムパートナーが提供するLibreOffice Enterpriseファミリーの導入を強く推奨します。これには、長期サポートリリース(LTS)、専門家による支援、個別のニーズにあわせた開発、サービスレベル契約(SLA)が含まれます。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice CommunityおよびLibreOffice Enterpriseファミリーの製品は、LibreOffice Technologyプラットフォームに基づいています。これは、デスクトップだけでなく、モバイルやクラウドにも最先端のオフィススィートを提供することを目的とした長年の開発成果です。

LibreOffice 7.2.2 Communityの利用

LibreOffice 7.2.2

LibreOffice 7.2.1 Communityのダウンロード提供を開始

2021年9月16日 ベルリン ― テクノロジーファンやパワーユーザに向けたLibreOffice 7.2ファミリー1回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 7.2.1 Communityがダウンロードできるようになりました。
https://ja.libreoffice.org/download/
このバージョンには、77を超えるバグ修正と、文書互換性の改善が含まれています。

TDFは、企業・団体への導入について、エコシステムパートナーが提供するLibreOffice Enterpriseファミリーの導入を強く推奨します。これには、長期サポートリリース(LTS)、専門家による支援、個別のニーズにあわせた開発、サービスレベル契約(SLA)が含まれます。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice CommunityおよびLibreOffice Enterpriseファミリーの製品は、LibreOffice Technologyプラットフォームに基づいています。これは、デスクトップだけでなく、モバイルやクラウドにも最先端のオフィススィートを提供することを目的とした長年の開発成果です。

LibreOffice Technologyに基づく製品は、主要なデスクトップオペレーティング・システム(Windows、macOS、Linux、Chrome OS)やモバイルプラットフォーム(Android、iOS)、クラウドで利用できます。各企業のブランド戦略により異なる名前が付けられていることがありますが、どれも同じくLibreOffice独自の利点や堅牢性、柔軟性を共有しています。

LibreOffice 7.2での主な新機能

LibreOffice 7.2 Communityは、Microsoft独自のDOCX/XLSX/PPTXファイル形式との相互運用性を大幅に改善しました。例えば、Writerの表(表機能のインポートとエクスポートおよび管理を改善、フローティングテーブルでの変更追跡のサポート改善)、Writerのキャッシュされたフィールド結果の管理、DOC/DOCXファイルでのヘッダ最終段落の下の間隔サポート、PPTXファイルをインポートする際のSmartArtの追加改善などです。

さらに、LibreOffice 7.2 Communityでは、大きなファイルの処理、特定のDOCXやXLSXファイルを開く、フォントキャッシュの管理、プレゼンテーションや図形描画で大きな画像を開くなど、パフォーマンスが大幅に改善されています。また、LibreOffice 7.1で導入されたSkiaバックエンドを使用する際の描画速度が向上しています。

LibreOffice 7.2では、ARMアーキテクチャをベースにAppleが設計したApple Siliconプロセッサにネイティブで対応しました。このプラットフォームでの開発は初期段階ということもあり、バイナリは提供しますが重要な業務などでの利用はお控えください。ソフトウェアは以下のリンクからご利用可能です。

LibreOffice 7.1.6 Communityがリリースされました


2021年9月9日 ベルリン ― デスクトップ生産性向上のための LibreOffice 7.1ファミリー6回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 7.1.6 Communityがダウンロードできるようになりました。
https://ja.libreoffice.org/download/

エンドユーザサポートは、ボランティアによってメールやオンラインリソースで提供されます。
https://ja.libreoffice.org/get-help/community-support/
ウェブサイトやWikiには、ガイドやマニュアル、チュートリアル、HowToがあります。寄付は、これらリソースの維持に活用されています。

TDFは、企業・団体への導入について、エコシステムパートナーが提供するLibreOffice Enterpriseファミリーの導入を強く推奨します。これには、長期サポートリリース(LTS)、専門家による支援、個別のニーズにあわせた開発、サービスレベル契約(SLA)が含まれます。

相互運用性がさらに強化されたLibreOffice 7.2 Communityリリース

自由なオープンソース・オフィスソフトの新バージョン「LibreOffice 7.2 Community」は、ソースコード変更の60%以上がMicrosoft独自ファイルとの相互運用性に重点を置いて改良されました

2021年8月19日 ベルリン – デスクトップ生産性向上のための自由なオープンソース・オフィスソフトのボランティアサポート版「LibreOffice 7.2 Community」がダウンロード可能になりました。https://ja.libreoffice.org/download

LibreOffice 7.1.5 Communityがリリースされました

2021年7月22日ベルリン – テクノロジーファンとパワーユーザーを対象としたLibreOffice 7.1ファミリー5回目のリリースとなるLibreOffice 7.1.5をリリースしました。ダウンロードは https://ja.libreoffice.org/download/ からできます。LibreOffice7.1.5には、55のバグ修正が含まれ、うち20パーセントはMicrosoft Officeファイル(docx、xlsx、pptxと古いdoc形式)の相互運用性に焦点を当てた修正になっています。…

LibreOffice7.1.4Communityがダウンロード可能になりました


2021年6月10日ベルリン-LibreOffice7.1系の4番目のマイナー・リリースであり、テクノロジー・ファンとパワー・ユーザーを対象とする、LibreOffice 7.1.4 Communityがダウンロード可能となりました。https://ja.libreoffice.org/download/download/ LibreOffice7.1.4には約80のバグ修正が含まれており、このうち20%はMicrosoft Officeファイル互換性(DOCX、XLSX、PPTX、およびレガシーDOC)にフォーカスしています。…

LibreOffice 7.1.3 Communityをリリースしました

2021年5月6日ベルリン ― テクノロジー・ファンやパワー・ユーザーを対象としたLibreOffice7.1ファミリの3番目のマイナー・リリースである、LibreOffice 7.1.3 Communityがダウンロード可能となりました。https://ja.libreoffice.org/download/
LibreOffice 7.1.3には100以上のバグ修正が含まれており、このうち25%はMicrosoft Officeファイル互換性(DOCX、XLSX、PPTX)にフォーカスしています。

企業などで導入する場合、TDFはエコシステムパートナーが提供する、長期サポート・オプション、専門的なサポート、カスタム機能、サービス・レベル・アグリーメントなどを含む、LibreOfficeエンタープライズファミリーを強くお勧めします。(https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

LibreOffice CommunityとLibreOffice Enterpriseファミリーの製品は、LibreOffice Technology platformをベースにしています。これは、デスクトップに始まりモバイルやクラウドにも対応した最先端のオフィスソフトを提供するために、長年にわたって継続されてきた精力的な開発の成果です。

LibreOffice Technologyをベースとした製品は、主要デスクトップOS(Windows,macOS,Linux,ChromeOS)、モバイルプラットフォーム(Android,iOS)やクラウドで利用できます。各社のブランドによって名前が異なる場合もありますが、LibreOffice独自の利点、堅牢性、柔軟性を共有しています。

LibreOfficeへの移行
The Document

LibreOffice Conference 2021開催。発表者の募集が始まりました!

The Document Foundationは、すべてのメンバーと貢献者に今年、オンラインで開催されるLibreOffice Conferenceの開催をお知らせするとともに発表やワークショップの企画の応募を呼びかけます。イベントの開催日程は9月23日(木)から25日(土)まで。プレゼンテーションの経験がある方も人前で話したことがない方も、LibreOffice、ODF、Document Liberation Project、ODF Toolkitについて興味深い話題をお持ちの方はぜひ、ご応募ください。…

チームメンバー開発のLibreOffice拡張機能がコンテストで入賞

LibreOffice日本語チームのメンバーが開発したLibreOffice用拡張機能「IPAmj Font Charactor Finder」 が、オープンデータと都市問題をテーマとするコンテスト「アーバンデータチャレンジ2020」で銅賞を受賞しました。

この拡張機能はIPA 独立行政法人 情報処理推進機構が開発した、60,000字におよぶ人名漢字フォントデータである「IPAmj明朝」を検索し、ドキュメント内へ入力する機能を提供するというものです。

詳細についてはイベントの動画をご覧ください。(47分頃から)

多様なプラットフォームで利用できるLibreOfficeの特性を活かした拡張機能「IPAmj Font Charactor Finder」を皆さんもぜひ一度お試し下さい。…

ドルトムント市がフリーソフトウェアを標準採用する方針を決定

LibreOfficeがフリー(自由)でオープンソースのソフトウェアであることは、コストがゼロである事以上の意味があります。誰でも、その仕組みを研究したり、変更したり、その変更を他のユーザーと共有できます(つまり、「フリー」とは価格よりも自由である事を意味します)。
GNU/Linuxオペレーティングシステム、Firefoxウェブブラウザー、Thunderbird電子メールクライアントなど、他にも多くのフリーソフトウェアプロジェクトが知られています。フリーソフトウェアは、企業、組織、政府がコストを削減し、信頼性を向上させ、単一ベンダーへの依存から自らを解放することを支援します。
さて、ドイツの都市ドルトムントの評議会は、可能な限りフリーでオープンソースのソフトウェアに移行すると発表しました。…