10:20 LibreOffice 10週年を迎える2020年は年間を通してお祝いします

LibreOfficeは2010年9月28にアナウンスされ、世界中の技術およびビジネスメディアから好意的なフィードバックを受けました(上は、eWeekおよびLinux Gizmosから、特に重要な二つのタイトルを示したものです)。このイベントを祝うため、The Document Foundationは、2月1日〜2日ブリュッセルのFOSDEMから2020年12月の終わりパリでのPOSSまでの期間、年間を通じて記念プロジェクトを開催します。

LibreOfficeコミュニティメンバーは可能な限り多くのFOSSイベントに参加し、記念ロゴつきのステッカーおよびグッズを持っていきます。このロゴの作者、インドネシアのRania Aminaは、LibreOfficeコミュニティのメンバーであり、2018年に開催されたLibreOffice Indonesia Conferenceのロゴと2Dアニメーションを提供した人でもあります。

Rania AminaもブリュッセルのFOSDEMに参加予定で、Open Document Editors DevRoomにてLibreOffice Theme Changerについてのトークもします。

今のところ、FOSDEMとPOSSに加え、以下のイベントが確定しています。ナイジェリア(Open Source Africa)、コソボ(FLOSSK)、クロアチア(DORS/CLUC)、アルバニア(OSCAL)、フランス(Libre Graphics MeetingとOW2con)、台湾(COSCUPおよびLibreOffice Asia Conference)、インド(Open Source India)、ドイツ(Chemnitzer Linux-Tage, FrOSConそしてLibreOffice Conference)、アメリカ(All Things Open)、セルビア(PSSOH)。それ以外のさまざまなイベントについても現在議論中であり、可能な限りすぐにアナウンスする予定です。
(訳注:3月7日、大阪で開催される「LibreOffice Kaigi」はまだTDFの認定は受けていませんが、もちろん10/20をお祝いするイベントになる予定です。)

こうご期待! 2020年はLibreOfficeコミュニティにとってすごいときになりますよ!

この記事は下記ブログ記事からのLibreOffice日本語チームによる翻訳です:
https://blog.documentfoundation.org/blog/2019/12/20/10-20-libreoffice-10th-anniversary-in-2020/

No Responses

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *