macOS Big SurでOpenOfficeがクラッシュしますか?LibreOfficeをお試しください

一部のApache OpenOfficeユーザーから、Apple macOS 11.0(Big Surまたは10.16)で .docxや .xlsxのようなOOXML文書ファイルを開くと、OpenOfficeがクラッシュするとの報告が上がっています。エラーメッセージは以下です。

OpenOfficeが予期しない理由で終了しました

クラッシュする様子が動画で紹介されています(WebM版はこちら)。

Please accept YouTube cookies to play this video. By accepting you will be accessing content from YouTube, a service provided by an external third party.

YouTube privacy policy

If you accept this notice, your choice will be saved and the page will refresh.

 

これは、報告されていますが未解決の問題です。しかし、一つの解決策としては、より積極的に開発されており後継プロジェクトであるLibreOfficeをインストールすることです。(OpenOffice最後のメジャーリリースの4.1は、2014年まで遡ります)

LibreOfficeは、最新のOS対応をはじめ、OOXMLエクスポートやNotebookBarユーザーインターフェイスの追加、クラウド版など多くの機能を備えています。こちらの年表ではメジャーリリースを紹介しています。

LibreOffice 7.0は、macOS Big Surでも利用できますこちらからダウンロードして作業を続けましょう。そして、まだ続きがあります。LibreOfficeエコシステムに参加する企業のCollabora Productivity社の協力により、AppleのM1ベースMacに最適化されたバージョンのLibreOfficeの開発が進められています。また、macOS Big Sur上でのLibreOfficeもさらなる改良が進められています – チャンネルはそのままで!

この記事は、TDFブログの記事「OpenOffice crashing on macOS Big Sur? Try LibreOffice」:https://blog.documentfoundation.org/blog/2020/12/08/openoffice-crashing-on-macos-big-sur-try-libreoffice/をLibreOffice日本語チームが翻訳をしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

I accept the Privacy Policy * for Click to select the duration you give consent until.