Author Archive

LibreOfficeインドネシアコミュニティ主催 Impressテンプレートコンテスト入賞作品の紹介

New Template from LibreOffice ID Community

Apache OpenOfficeへの公開書簡

今日(10月13日)は、OpenOfficeのソースコードが公開されて20年になります。そして今日、私たちは言います。LibreOfficeはOpenOfficeの未来です。みんなで一緒に活動しましょう!

自由ソフトウエアやオープンソースソフトウエア・プロジェクトが、豊かで多様性があることは素晴らしいことです。世界中の何億もの人々が、それらがもたらす選択やカスタマイズによって恩恵を受けてきました。しかし、ユーザーは新しいブランドに気がつかなかったり、あるブランドの影に隠れている場合には、それが不利益になることもあります。

LibreOfficeの父とも呼べるプロジェクトのOpenOffice(.org)は、素晴らしいオフィスソフトであり世界を一変させました。そのような輝かしい歴史を持ち、後継であるApache OpenOfficeですが、2014年以来一度もメジャーリリースがありません。そうです。Apache OpneOfficeは6年以上もの間、重要な新機能の追加やメジャーアップデートはありませんでした。数えるほどのマイナーリリースだけが行われており、迅速さが求められるセキュリティの修正にも問題がありました。

LibreOffice 7.0.2のダウンロード提供を開始

2020年10月8日 ベルリン ― テクノロジーファンやパワーユーザーに向けたLibreOffice 7.0ファミリー2回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 7.0.2の提供を発表いたしました。
https://www.libreoffice.org/download/

LibreOffice 7.0.2には、130を超えるバグ修正と文書互換性の改善が含まれています。

7.0ファミリーの重要な新機能には、文書ファイル規格OpenDocument形式(ODF)バージョン  1.3サポート、SkiaグラフィックエンジンとGPUベースのアクセラレーションVulkanによるパフォーマンスの向上、DOCX、XLSX、PPTXファイルとの親和性向上があります。…

LibreOffice 10周年記念日

LibreOffice 7.0.1のダウンロード提供を開始

統計から見るLibreOffice 7.0の一週間

LibreOffice 6.4.6リリースのお知らせ

2020年8月13日ベルリン ― The Document Foundation(TDF)は、生産性向上のために自由なオフィスソフトを利用する、すべてのユーザーに向けてLibreOffice 6.4ファミリー6回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 6.4.6の提供を発表いたしました。LibreOffice 6.4.6には、バグの修正や文書の互換性、他のベンダーソフトウエアとの相互運用性に対する改善が含まれています。

LibreOffice 6.4.6は数ヶ月に渡るバグ修正が含まれており、保守的なユーザーの利用を含め、すべての環境での利用に最適化されています。LibreOffice 6.3.6、もしくはそれ以前のバージョンをご利用の方は、堅牢性を保つための最適な選択としてLibreOffice 6.4.6への更新をお願いします。…

自由・オープンソースオフィススイートの20年

マーケティング計画草案: 利用可能なオプションとスケジュールについての議論

ローサー・ベッカーTDF理事会会長は書きます

親愛なるコミュニティの皆さまへ

さまざまなチャンネルを通してマーケティング計画草案へのご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。私たちは、草案を元に理事会で議論をしている現在考えられる選択肢について皆さまにお知らせをして議論に参加していただきたいと考えています。

その間にも、 寄せられた多くの意見は文書に反映され 来週月曜には公開される予定です。これはまだ7.0.0への変更の最後のチャンスではありません。しかし、まもなく、そうなるはずです。…

LibreOffice 7.0 RC「パーソナルエディション」表記に関するTDF理事会声明

親愛なるLibreOfficeコミュニティ、サポーター、友人の皆さまへ

開発、QA(品質保証)、デザイン、マーケティング、ローカライズ、リリースエンジニアリング、インフラストラクチャーなど、さまざまな分野で多くの個人やエコシステムの貢献者がチームとして協力をし多大な努力をおこなったLibreOffice 7.0は数週間後、リリースを迎えます。

同時に、マーケティングとブランディングを出発点として今後、5年間のビジョンについての話し合いもしています。それについては、こちらのマーケティングメーリングリストとTDF理事会(board-discuss)ディスカッションメーリングリストをご覧ください。…