LibreOffice Conference 2021開催。発表者の募集が始まりました!

The Document Foundationは、すべてのメンバーと貢献者に今年、オンラインで開催されるLibreOffice Conferenceの開催をお知らせするとともに発表やワークショップの企画の応募を呼びかけます。イベントの開催日程は9月23日(木)から25日(土)まで。プレゼンテーションの経験がある方も人前で話したことがない方も、LibreOffice、ODF、Document Liberation Project、ODF Toolkitについて興味深い話題をお持ちの方はぜひ、ご応募ください。

カンファレンスプログラムへ確実に掲載するために応募は、2021年6月30日までに提出してください。

カンファレンスプログラムは以下のトラックにもとづき構成されます。

    • a) 開発、API、拡張機能、将来の技術
    • b) 品質保証
    • c) ローカライゼーション、ドキュメンテーション、母語プロジェクト
    • d) Libreofficeの魅力について。使いやすさ、デザイン、アクセシビリティー
    • e) ODF(オープンドキュメント形式)、ドキュメントの自由、相互運用性
    • f) LibreOfficeの啓蒙、宣伝、マーケティング
    • g) ダイバーシティとインクルージョン、学生のインクルージョンのための新世代プロジェクト

プレゼンテーション、事例紹介、テクニカルトークは30分(質疑応答を含む)、ワークショップは90分(質疑応答を含む)で行います。ライトニングトークは特定のトピックを取り上げ、5分間(質疑応答を含む)で行われます。セッションは、ストリーミング中継され、ダウンロード用に録画されます。

応募は、ご自身の簡単な説明または経歴と発表、ワークショップどちらかの企画を記入の上、プログラム委員会のカンファレンスメーリングリスト(conference@libreoffice.org)までお送りください。

発表は「Creative Commons Attribution-Share Alike 4.0 License」で提供するため、同意されない場合は、その理由について明確に説明してください。そして、発表はTDFのYouTubeとPeerTubeチャンネルで公開するので著作権で保護されたコンテンツ(音楽、画像など)を含む応募はご遠慮ください。

複数の発表を希望される方は、それぞれの発表ごとにメールをお送りください。

皆様のご参加をお待ちしております!

この記事は、TDFブログの記事「LibreOffice Conference 2021: Call for Papers is Open!」: https://blog.documentfoundation.org/blog/2021/04/28/libocon-cfp-is-open/をLibreOffice日本語チームが翻訳をしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

I accept the Privacy Policy