openSUSE + LibreOffice Conferenceについての更新情報

openSUSE + LibreOffice Conferenceの運営委員会は、今週、COVID19を取り巻くさまざまなトピックと、それらがこのカンファレンスとその企画に与える影響について話し合うミーティングを行いました。現時点では、各国政府がこの何か月間、どのような制限を続けるのかは不明です。10月は何か月も先の話ではありますが、このイベントを運営するために検討すべきさまざまな点があります。たとえば渡航制限、航空便、ホテル、および会場が利用可能か、イベントの大きさ、そして私たちのコミュニティメンバーがカンファレンスに参加できる可能性などです。カンファレンスに関する決定は、遅くとも6月中旬には行いたいと考えています。

このような困難な時期において、私たちは、openSUSE + LibreOffice Conferenceの成功に向けて関わる、すべてのメンバー、スポンサー、関係者のみなさまによい結果をお届けできるよう活発に取り組んでいることをコミュニティに保証をいたします。このカンファレンスに対する代替案、たとえばバーチャルカンファレンスを行う可能性の検討をはじめ、これを価値ある選択とした場合に実現するためのツールの調査もしております。

現在、登壇者は募集中であり、7月21日まで応募できることを忘れないでください。私たちは、このカンファレンスが計画通り10月13日から16日にニュルンベルクで行われることを前提に物事を進めています。そして、このカンファレンスおよびバーチャルカンファレンスのような代替案について、私たちが行ったどんな決定もコミュニティにお知らせします。この困難なときに、どうかご安全に、健康に、そして強くあってください。今年の後半には皆様とお会いできることを楽しみにしています。私たちの記念となる年をよりよい状況でお祝いしましょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *