openSUSE + LibreOfficeカンファレンス更新情報

openSUSE + LibreOfficeカンファレンス運営チームは、カンファレンスの日程を当初の10月13日~16日から10月15日~17日に少し調整しました。

新しい日程は木曜日から土曜日までです。参加者は、7月21日の発表者募集終了までカンファレンス発表の応募ができます。

また、カンファレンスの発表時間も変更されています。長さは15分のショートトーク、通常の30分のトーク、60分のワークグループセッションから選択できます。主催者は、参加者がカンファレンスに長く参加できるようにするには、発表を短くする必要があると考えていました。この変更は、休憩やソーシャルビデオセッション、それぞれの発表後の質疑応答で延長になった場合のスケジュール仕切り直しにも役立ちます。

使用するライブ中継プラットフォームは、帯域幅が限られている発表者がリアルタイムでの発表を希望しない場合、録画しておいた発表動画を再生できるようになっています。発表者は、システムの機能を使って動画を一時停止したり、巻き戻しや早送りなどの操作もできます。

主催者は、オンライン向けのライブカンファレンス・スポンサーシップパッケージを用意しています。興味のある方は、ddemaio (at) opensuse.org までご連絡をください。

この記事は、TDF Blogの記事「openSUSE + LibreOffice Conference Update」https://blog.documentfoundation.org/blog/2020/06/17/opensuse-libreoffice-conference-update/ をLibreOffice日本語チームが翻訳しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *