相互運用性がさらに強化されたLibreOffice 7.2 Communityリリース

自由なオープンソース・オフィスソフトの新バージョン「LibreOffice 7.2 Community」は、ソースコード変更の60%以上がMicrosoft独自ファイルとの相互運用性に重点を置いて改良されました

2021年8月19日 ベルリン – デスクトップ生産性向上のための自由なオープンソース・オフィスソフトのボランティアサポート版「LibreOffice 7.2 Community」がダウンロード可能になりました。https://ja.libreoffice.org/download

LibreOffice 7.2 Communityは、デスクトップ、モバイル、クラウドで個人の生産性を高めるLibreOffice Technologyプラットフォームをベースに作られ、Microsoft独自ファイル形式との相互運用性が大幅に向上しています。また、巨大なファイルの処理や特定のDOCX、XLSXファイルの扱い、フォントキャッシュの管理、大きな画像を含むプレゼンテーションやドローファイルを開く際のパフォーマンスも大幅に改善しています。そして、LibreOffice 7.1から導入されたSkiaバックエンドを使用した際の描画速度も向上しています。

LibreOffice 7.2では、ARMアーキテクチャをベースにAppleが設計したApple Siliconプロセッサにネイティブで対応しました。しかしながら、このプラットフォームでの開発は初期段階ということもありバイナリは提供しますが重要な業務などでの利用はお控えください。

macOS arm向けLibreOfficeはこちらからダウンロードできます。 https://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/7.2.0/mac/aarch64/

LibreOfficeと相互運用性

LibreOffice 7.2 Communityでは、DOCX、XLSX、PPTXファイルや古いDOC形式ドキュメントとの相互運用性が大幅に改善されました。Microsoft Officeが使用するファイル形式は、国際標準化機構(ISO)が2008年4月に非推奨にした独自のファイル形式に基づいており、ISO承認の規格ではありません。また大量かつ意図的に複雑化されています。LibreOfficeは、本物のオープン標準規格である「オープンドキュメント形式」(ODF)を採用しているLibreOfficeでは、取り扱いにおいて大きな障害となります。

私たちLibreOfficeコミュニティには、これらの問題に取り組む、大勢の才能ある開発者がいることを嬉しく思います。

ボランティアやスポンサーに支援を受けた開発者らによる精力的な開発によってLibreOffice 7.2は、しなかやかで堅牢性があり、オープン標準に準拠という多くのアドバンテージを維持しながら、透明な相互運用性を大きく前進させ企業や個人ユーザーにとって大きな価値のあるものとなりました。

LibreOfficeは、セキュリティや堅牢性の面でMicrosoftの独自ファイル形式よりも優れたオープンドキュメント形式(ODF)のネイティブサポートを始め、DOCX、XLSX、PPTXファイルのより良いサポートなど、オフィスソフトの世界で最高レベルの相互運用性を提供します。また、LibreOfficeは多数の古い文書ファイル形式を利用するためのフィルターも提供しており、ユーザーにファイルを利用する自由をお返しします。

LibreOffice 7.2 Communityの新機能 [1]

LibreOffice 7.2 Communityの新機能は、171人の貢献者によって開発されました。ソースコード改良の70%は、アドバイザリーボードに参加するCollabora、Red Hat、allotropiaの3社とThe Document Foundationを含むその他の団体に所属する51人の開発者によるものです。そして30%は、120人の個人ボランティアによって開発されました。

さらに、232人のボランティアが言語をローカライズしました。LibreOffice 7.2 Communityでは、他のどのオープンソースソフトウエアや商用ソフトウエアよりも多い119言語のバージョンでリリースされており世界中で54億人以上の人々が母語(L1)で使用できます。また、23億人以上の人々が119言語のうちの一つを第2言語(L2)として使用しています。

全般

• メニューコマンドを検索するポップアップリスト検索機能を搭載
• スクロールしてスタイルが選択できるスタイルピッカーをノートブックバーに追加
• サイドバーにフォントワーク操作パネルを追加
• テンプレートダイアログに新たにリスト表示を追加
• マクロ作成に役立つXrayライクな「UNOオブジェクトインスペクター」を搭載

Writer(ワープロ)

• ページ背景を余白まで塗りつぶすか選択できます
• ページスタイルに「とじしろ」が設定できます
• 差し込み印刷で存在しないデータに警告が出るようになりました
• スタイルインスペクターにRDFメタデータが表示できます
• メタデータ・フィールドの網かけに独自の色が設定可能になりました

Calc(表計算)

• オートフィルターで色のフィルタリングができるようになりました
• 外部データダイアログで、取り込んだHTML表のキャプションが一覧表示されます
• 太い十字カーソルがオプションで利用できます
• 近似曲線で「移動平均」の種類が選択できます

Impress(プレゼンテーション)とDraw(グラフィック)

• 新テンプレート追加: 「キャンディ」「フレッシュ」「グレーエレガント」「グローイングリバティ」「イエローアイデア」
• テキストボックスで段組みが利用できます
• ステータスバーから直接、スケール変換できます

LibreOffice 7.2 Communityの主要新機能をまとめたビデオがこちらからご覧いただけます。

企業向けLibreOffice

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、特別な付加価値を多数提供するエコシステムパートナーからLibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド)の導入を強く推奨します。これには、長期サポートリリース(LTS)、専任サポート、お客様向けに開発された新機能、サービスレベル契約(SLA)など多くの特典が含まれます。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

このような推奨にもかかわらず、さまざまなエコシステム企業によってサポートされ、企業ニーズに最適化されたLibreOffice Enterpriseではなく、ボランティアサポート版のLibreOffice Communityを採用する企業が増えています。

この選択は、時間とともにプロジェクトの進化を遅らせLibreOfficeプロジェクトの持続可能性に問題を起こします。なぜなら、エコシステム企業が顧客のために開発したすべてのプログラムはマスターリポジトリでコミュニティと共有されLibreOffice Technologyプラットフォームを改善している事実があるからです。

LibreOffice Technologyをベースにした製品は、Windows、macOS、Linux、Chrome OSの主要デスクトップOSをはじめ、AndroidやiOSのモバイルプラットフォーム、クラウドにも提供されています。プラットフォームの開発を遅らせることは、あらゆるレベルのユーザーに悪影響を与え、最終的にはLibreOfficeプロジェクトの停滞につながる可能性があります。

LibreOfficeへの移行

The Document Founrationは、独占的なオフィスソフトからLibreOfficeに移行する企業をサポートするために移行プロトコルを開発しました。このプロトコルは、LibreOffice EnterpriseファミリーのLTSバージョン導入に加え、認定専門家が提供するCIOとIT管理者が必要とする企業の問題解決に沿った移行コンサルティングとトレーニングを元に作られています。
参考:https://ja.libreoffice.org/get-help/professional-support/

実際、LibreOfficeには成熟したプログラムコード、豊富な機能、オープン標準に対する強力なサポート、優れた相互運用性、そして認定パートナーによる長期サポートオプションがあります。データのコントロールを取り戻してベンダーロックインから開放されたい企業にとってLibreOfficeは理想的なソリューションです。

LibreOffice 7.2 Communityの利用について

LibreOffice 7.2 Communityは以下のリンクから利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/

商用OSの最小要件は、Microsoft Windows 7 SP1とApple macOS 10.12です。

詳細な変更点はこちらをご覧ください。
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/7.2.0/RC1 (RC1),
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/7.2.0/RC2 (RC2),
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/7.2.0/RC3 (RC3)

LibreOffice TechnologyをベースとしたAndroidとiOS向けの製品についてはこちらをご覧ください。
https://ja.libreoffice.org/download/android-and-ios/

アプリストアとChromeOS向け製品についてはこちらをご覧ください。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-from-microsoft-and-mac-app-stores/

個人の生産性向上を目的として新機能よりもテストとバグ修正が行われた安定したリリースが必要な方のためにThe Document Foundationでは、数カ月の間に後方移植された修正を含むLibreOffice 7.1ファミリーを保守しています。現在のバージョンは、LibreOffice 7.1.5です。

The Document Foundationは、ユーザー向けの技術サポートは提供していませんがメーリングリストや質問掲示板のAsk LibreOfficeに質問を投稿して、ほかのユーザーからのサポートを受けられます。https://ask.libreoffice.org

LibreOfficeユーザー、自由ソフトウエアを支持する方、コミュニティメンバーは寄付してThe Document Foundationを金銭面からサポートできます。 https://ja.libreoffice.org/donate

LibreOffice 7.2は、The Documet Liberationプロジェクトによる文書変換ライブラリを使用して構築されています。https://www.documentliberation.org

[1] リリースノート: https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/7.2/ja

プレスキット

ダウンロードリンク: https://nextcloud.documentfoundation.org/s/AgY6G3WAAtsCZrn

日本でのお問い合わせ先

LibreOfficeに関する日本語でのお問い合わせについては、LibreOffice日本語チーム <ja-contact@libreoffice.org> までお問い合わせください。(担当: 野方 純/榎 真治)

このプレスリリースは、LibreOffice日本語チームといさなさんの協力により翻訳されました。

翻訳元記事: https://blog.documentfoundation.org/blog/2021/08/19/libreoffice-7-2-community/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

I accept the Privacy Policy