LibreOffice 7.4 Communityリリース — 相互運用性のベンチマーク

現在、Microsoftの独自なファイル形式との相互運用性に焦点を当てて開発を進めており、多くの新機能はMicrosoft Officeから移行するユーザーを対象としています

2022年8月18日 ベルリン ― デスクトップ生産性向上のための自由なオフィスソフトのボランティアサポート版「LibreOffice 7.4 Community」が新しくメジャーリリースされ、ダウンロード可能になりました。
https://ja.libreoffice.org/download/

主な新機能

全般

  • WebP画像とEMZ/WMZ形式のサポート
  • ScriptForgeスクリプトライブラリのヘルプページ
  • 拡張機能マネージャーに検索機能を追加
  • パフォーマンスと互換性の向上

Writer

  • 脚注エリアにおける変更の追跡機能の改善
  • 編集された番号付けリストで、変更履歴に元の番号を表示
  • ハイフネーションの新しい体裁設定

Calc

  • スプレッドシートの列数を16,384列までサポート
  • 数式バーの関数選択リストに項目を追加
  • シート名を検索するための新しいダイアログ

Impress

  • ドキュメントテーマをサポート

LibreOffice 7.4 Communityの主な新機能をまとめた動画がこちらからご覧いただけます。

すべての新機能の説明はリリースノート[1]をご覧ください。

相互運用性

デスクトップ、モバイル、クラウドでの個人の生産性を高めるLibreOffice Technologyプラットフォームの特徴的な機能をベースに作られたLibreOffice 7.4は、MS Officeとドキュメントを共有するユーザーやMS Officeから移行するユーザーを対象に、多くの改善と新機能を提供します。これらのユーザーは、定期的にLibreOfficeの新しいリリースを確認することをお勧めします。LibreOfficeの進歩は非常に速く、新しいバージョンは以前のバージョンよりも大幅に改善しているからです。

LibreOfficeは、オフィスソフトの世界で最高レベルの互換性を提供しています。セキュリティや堅牢性の面で独自ファイル形式よりも優れたオープンドキュメント形式(ODF)のネイティブでサポート、MS Officeファイルのよりよいサポート、多数の古いドキュメント形式を利用するためのフィルターなどにより、ファイルの所有権とコントロールをユーザーに取り戻します。

Microsoft Officeが使用するファイル形式は、国際標準化機構(ISO)承認の標準規格ではなく、ISOが2008年4月に非推奨にした独自の形式に基づいているため、多くの意図的な複雑さが隠されています。このことは、本物のオープンスタンダードである「オープンドキュメント形式」(ODF)を採用しているLibreOfficeにとって、大きな障害となります。

LibreOffice 7.4 Communityへの貢献者

LibreOffice 7.4 Communityの新機能は147人の貢献者によって開発されました。ソースコードへの貢献の72%は、TDFのアドバイザリーボードに参加するCollabora、Red Hat、allotropiaの3社及びThe Document Foundationを含むその他の組織に所属する52人の開発者によるものです。残り28%は95人の個人ボランティアによるものでした。

さらに、528人のボランティアが158の言語でローカライズに取り組みました。LibreOffice 7.4 Communityは、他のどのオープンソースソフトウェアや独占的ソフトウェアよりも多い120の言語でリリースされており、世界中で54億人以上の人々が母語(L1)で利用できます。また、23億人以上の人々がそれら120言語のうち1つを第2言語(L2)として使用しています。

企業向けLibreOffice

TDFは、企業・団体へのLibreOffice導入について、エコシステムパートナーが提供する特別な付加価値を多数含んだ、LibreOffice Enterpriseファミリー(デスクトップ、モバイル、クラウド向け)の導入を強く推奨します。これらには、多くの特典が含まれ、他にもサービスレベル契約(SLA)などのメリットがあります。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-in-business/

このような推奨にもかかわらず、さまざまなエコシステム企業によってサポートされ、企業ニーズに合わせて最適化されたLibreOffice Enterpriseではなく、ボランティアサポート版のLibreOffice Communityを採用する企業が増えています。

そのような選択は、時間とともにプロジェクトの進化を遅らせ、LibreOfficeプロジェクトの持続可能性に問題を引き起こします。なぜなら、エコシステム企業が顧客のために開発したすべてのプログラムはマスターリポジトリでコミュニティと共有され、LibreOffice Technologyプラットフォームを改善している事実があるからです。

LibreOffice Technologyをベースにした製品は、Windows、macOS、Linux、Chrome OSの主要デスクトップOSをはじめ、AndroidやiOSのモバイルプラットフォーム、クラウドにも提供されています。プラットフォームの開発を遅らせることは、ユーザーに悪影響を与え、LibreOfficeプロジェクトがその期待や発展性を満たせなくなる恐れがあります。

LibreOfficeへの移行

The Document Foundationは、独占的なオフィスソフトからLibreOfficeに移行する企業・団体をサポートするために移行プロトコルを開発しました。このプロトコルは、LibreOffice EnterpriseファミリーのLTS版導入を前提としています。それに加え、認定専門家により提供される移行コンサルティングとトレーニングがあります。
参考: https://ja.libreoffice.org/get-help/professional-support/

実際、LibreOfficeには成熟したプログラムコード、豊富な機能、オープンスタンダードに対する強力なサポート、優れた相互運用性、そして認定パートナーによる長期サポート(LTS)オプションがあります。データのコントロールを取り戻してベンダーロックインからの開放を望む企業にとってLibreOfficeは理想的なソリューションです。

LibreOffice 7.4 Communityの利用について

LibreOffice 7.4 Communityは以下から利用可能です。
https://ja.libreoffice.org/download/

商用OSの最小要件は、Microsoft Windows 7 SP1とApple macOS 10.12です。LibreOffice TechnologyをベースとしたAndroidとiOS向けの製品についてはこちらをご覧ください。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-for-android-and-ios/

最新の機能を必要とせず、テストとバグ修正が行なわれたリリースが必要な方のために、The Document FoundationではLibreOffice 7.3ファミリーを保守しています。これには、数カ月の間に後方移植された修正が含まれています。現在のバージョンはLibreOffice 7.3.5です。

The Document Foundationは、ユーザー向けの技術サポートは提供していませんが、メーリングリストや質問掲示板のAsk LibreOfficeに質問を投稿して、他のユーザーからのサポートを受けられます。
https://ask.libreoffice.org/c/japanese/16

LibreOfficeユーザー、自由ソフトウエアを支持する方、コミュニティメンバーは寄付してThe Document Foundationを金銭面からサポートできます。
https://ja.libreoffice.org/donate

LibreOffice 7.4は、Document Liberation Projectによる文書変換ライブラリの上に構築されています。
https://www.documentliberation.org

[1] リリースノート: https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/7.4/ja

プレスキット
ダウンロードリンク: https://nextcloud.documentfoundation.org/s/6i79yxpLYjsaGZB

日本でのお問い合わせ先

LibreOfficeに関する日本語でのお問い合わせについては、LibreOffice日本語チーム <ja-contact@libreoffice.org> までお問い合わせください。(担当: 榎 真治/目黒 純)

このプレスリリースは、LibreOffice日本語チームと西堀さんの協力により翻訳されました。

原文Blog記事: https://blog.documentfoundation.org/blog/2022/08/18/libreoffice-7-4-community/

Leave a Reply

Your email address will not be published.

I accept the Privacy Policy