マーケティング計画草案: 利用可能なオプションとスケジュールについての議論

ローサー・ベッカーTDF理事会会長は書きます

親愛なるコミュニティの皆さまへ

さまざまなチャンネルを通してマーケティング計画草案へのご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。私たちは、草案を元に理事会で議論をしている現在考えられる選択肢について皆さまにお知らせをして議論に参加していただきたいと考えています。

その間にも、 寄せられた多くの意見は文書に反映され 来週月曜には公開される予定です。これはまだ7.0.0への変更の最後のチャンスではありません。しかし、まもなく、そうなるはずです。…

LibreOffice 7.0 RC「パーソナルエディション」表記に関するTDF理事会声明

親愛なるLibreOfficeコミュニティ、サポーター、友人の皆さまへ

開発、QA(品質保証)、デザイン、マーケティング、ローカライズ、リリースエンジニアリング、インフラストラクチャーなど、さまざまな分野で多くの個人やエコシステムの貢献者がチームとして協力をし多大な努力をおこなったLibreOffice 7.0は数週間後、リリースを迎えます。

同時に、マーケティングとブランディングを出発点として今後、5年間のビジョンについての話し合いもしています。それについては、こちらのマーケティングメーリングリストとTDF理事会(board-discuss)ディスカッションメーリングリストをご覧ください。…

LibreOffice 6.4.5のダウンロード提供を開始

ベルリン, 2020年7月2日 – The Document Foundation(TDF)は、テクノロジーファンやパワーユーザーに向けたLibreOffice 6.4ファミリー5回目のマイナーリリースとなるLibreOffice 6.4.5の提供を発表いたしました。LibreOffice 6.4.5には、100を超えるバグ修正と文書の互換性、他のベンダーソフトウエアとの相互運用性に対する改善が含まれています。

LibreOffice 6.4.5は、数ヶ月に渡るバグ修正が含まれており、保守的なユーザーや業務用途での利用にも最適化されています。8月上旬にはLibreOfficeの新しいメジャーリリース「LibreOffice 7.0」が発表される予定です。LibreOffice 6.3.6以前のバージョンをご利用の方は、LibreOffice 6.4.5へのアップデートの計画を始めてください。…

openSUSE + LibreOfficeカンファレンス更新情報

openSUSE + LibreOfficeカンファレンス運営チームは、カンファレンスの日程を当初の10月13日~16日から10月15日~17日に少し調整しました。

新しい日程は木曜日から土曜日までです。参加者は、7月21日の発表者募集終了までカンファレンス発表の応募ができます。…

Gihyo.jpにてLibreOffice日本語チーム記事掲載のお知らせ

技術評論社 Gihyo.jpにて、LibreOffice日本語チームあわしろいくやによる記事「LibreOffice 6.4 CalcとMicrosoft Excel 365の関数比較」が掲載されました。
以前、同様の記事が掲載されましたが、4年を過ぎ、状況が若干変わっておりました。こちらは、そこから現在の状況に合わせてアップデートされており最新のLibreOffice Calcの関数サポート状況がわかるようになっております。ぜひ、ご覧ください。

LibreOfficeヒントの火曜日: 1画面でImpressのプレゼンターコンソールを使う

LibreOffice Impressは多くの機能を備えた価値あるプレゼンテーションソフトです。熟練した講演者に好評な機能は、画面上に現在のスライドと次のスライド、メモが表示できる「プレゼンターコンソール」です。この機能は講演者がおこなうプレゼンテーションのリズムを保ち、話の内容を思い出すことに役立ちます。…

openSUSE + LibreOfficeカンファレンス2020はオンライン上で開催されます

openSUSE + LibreOfficeカンファレンス運営チームは、両プロジェクトの理事会とともにカンファレンスをオンラインカンファレンスに変更することを決定しました。

イベントを物理的なイベントからオンラインイベントに移行した理由は、COVID-19パンデミックをめぐる不確実性、旅行、カンファレンス計画、ロジスティクス、参加者の来場の可能性への影響からです。…

50万件の寄付をありがとうございます

先週末、2013年5月1日からカウントをして以来、50万件の寄付をいただきました。私たちはLibreOfficeの成長と発展の維持のために寄付をしてくださった、すべての皆さまに感謝の気持ちを申し上げます。コミュニティではLibreOfficeを120以上の言語への翻訳に取り組んでおり、LibreOfficeを母語で利用をできるようにして、英語や他の外国語でしかオフィスソフトウエアを利用できない多くの人々の情報格差を埋めています。…

LibreOffice 6.4.4 がご利用いただけます

ベルリン、2020年5月21日 – The Document FoundationはLibreOffice 6.4.4が利用可能になったことをお知らせします。このバージョンはLibreOffice 6.4系の4番目のマイナーリリースであり、技術に情熱を燃やす方や、熟練したユーザー向けです。LibreOffice 6.4.4では不具合や回帰バグが修正されており、文書の互換性の点で改善されています。
LibreOffice 6.4.4はオープンソースのオフィススイートとして最先端の機能を実現しており、そのため最新の機能より頑健性が求められる企業クラスの配備には最適ではありません。より成熟したバージョンを求めるユーザーの方向けには、数ヶ月に渡る修正がバックポートされたLibreOffice 6.3.6がご利用いただけます。…

LibreOffice Asia Conference 2019 Tokyo基調講演ビデオに日本語字幕が付きました

これは、LibreOffice日本語チームおがさわらさんの個人ブログに書いた記事の転載です。素晴らしい作業と翻訳者による解説は、オフィシャルに紹介してもよい記事だと思うので改めてLibreOfice日本語チームブログに転載しました。皆さまも、おがさわらさんによるセルフライナーノーツと合わせてお楽しみください(nogajun)

去年行われましたLibreOffice Asia Conference 2019 Tokyoの基調講演2本の字幕を聞き取りなおして日本語訳もつけたので、 せっかくだからもっといろんな人に見てほしいということで宣伝エントリーを書くことにしました。

言わずもがなですがわたくしの個人ブログに書いてることからお分かりの通り、 ここに書いてあることはLibreOffice日本語チーム、あるいはTDFをいかなる意味でも代表した発言ではござりませぬ。 あくまでもLibreOfficeというプロジェクト、コミュニティに好感を持つ一個人の意見としてお読みくださいませ。
さておき。動画については字幕ONにして、言語を日本語にしてご覧くださいね。…